膝の痛みと外反母趾専門の整体院
大阪府羽曳野市 松原市 藤井寺市

完全予約制
営業時間:9時〜20時

6/25(月)~7/6(金) コーカサス山脈の絶景とフラワーハイク ヨーロッパ最後の秘境 ジョージア

カテゴリー:ガイドのお仕事 2018年7月17日

6/25(月)~7/6(金) コーカサス山脈の絶景とフラワーハイク ヨーロッパ最後の秘境 ジョージア

今回の水害で被災された皆様に、心よりお 見舞い申し上げます。

すっかり夏模様ですね~
行ってきましたジョージアへっ!
ジョージアってどこ?アメリカ?コーヒー?
などとたくさんの方々に聞かれ・・・
さてさてどんな旅になったでしょ~~か~~!!!!

さて出発は伊丹空港から成田空港へ飛びます。

毎回思いますが関空から飛べると便利なんだが・・・がんばれ関空!
あっという間に成田空港です。

成田空港からモスクワ経由でジョージアの首都のトビリシに向かいます。

「わぁ~きれい~!!」などと声が聞こえるのも最初だけです。
長いっ!暇っ!体動かしたいっ!
ハァ~やっと着いたっ!・・・と思ったらモスクワです。
とりあえず茶でも飲も~

串にささってるサンドイッチ・・・んんん微妙~~
陽もくれてきましたが20:30頃です。


「もっと早よ飛んだらいいのにな~」とブツブツ言いつつトビリシへ!

2日目~
はいトビリシ到着!!!
すっかり日も変わり夜中の2時です。早よホテル行って寝よ~~

今日は少しゆっくり目の出発です。

さぁがっつり食うてハリきって行くでぇぇぇぇ!!

まずはスターリンの出生地、生家と博物館があるゴリへ向かいます。

今日と明日の2日間ですがお世話になるガイドのニノさんです。
とっても優しいヨーロピアンビューティーです。


実はスターリンの事よくわかってませんでした・・・むむむ勉強になりました


当時の事を思うと心が痛みます。

はい次~

海外の食事はもちろん賛否両論ありますが、ジョージアは水の飲める国で生野菜が多く出てきます。

昼食です。

肉も牛豚鳥と出てきます。

結構想像通りの味です。

比較的日本人には食べやすくて僕は大好きです。

はい次~
ウプリスツィヘの洞窟居住跡へやってきました。


「神の砦」を意味する古代の洞窟都市です。


ホール・劇場・祭壇・異教の寺院・刑務所・薬局・通路などのすべてが石で造られ、ワイン貯蔵庫などもありました。


最盛期には2万人が生活をし、キリスト教の教会も建てられましたが最後はモンゴル帝国により滅ぼされました。

はい次~
今日はクタイシのゲストハウスで泊まります。

テラス

ジョージアはワイン発祥の地です。
ジョージアワインは少し癖があるので好き嫌いが別れます。


美味しかったです!!!

はい3日目~

朝食も食べて今日も元気に行ってみよ~!!

まずは「バグラティ大聖堂」です。

クタイシのランドマークでもあります。


この大聖堂は2017年までは世界遺産でしたが、大聖堂の再建計画を理由として認定解除されました。

はい次~
「ゲラティ修道院」です。

こちらは世界遺産です。


長い間ジョージアにおける知的・文化的な中心地の一つとして機能していました。

天井のモザイク画やフレスコの技法による壁画が残されております。

はい次~
神聖なものを見たらお腹がすいてきましたね~

この町で一番人気のあるレストランです。

美味し!!ごちそうさまでした!!

はい次~

「イングリダム」です。
1987年に完成したアーチ式のダムで、世界で2番めに高いアーチ式コンクリートダムです。

はい次~


午後はこんな景色を見ながら移動です。

やっとメスティアへ着きました!

今回はゲストハウスによく泊まりますがどこも結構きれいです。


あんまり歩いてないのに食ってばっかりです。

美味いからいいじゃないか!!
明日からのハイキングが楽しみです。

はい4日目~
今日はムラヒ村の近くをハイキングです。

今日から最終日までお世話になるガイドのショレナさんです。
まだ20代やのに5ケ国語話せる才女です。そして日本語めちゃ上手!
しかも美人・・・こんな人おるんやなぁ・・・

後はテトゥヌルディ山(4857m)です。すでに大コーカサス山脈が眼前に!
では天気もいいのではりきって行きましょ~

既に回りにはお花がたくさん!


右から2番目の方はボタニカル(植物)ガイドのマナナさんです。

彼女はジョージアでは知らない花はないらしいです。
マナナさんが英名をショレナさんが和名で案内してくれましたが和名の無いのが結構ありました。

ウシュバ山(4700m)


花畑の中を歩いていきます。


下に見えるのはメステァ空港です。
トビリシから飛んでるのでこれを使えば超~楽なんですが・・・
実は超~気まぐれらしくて、いつ飛ぶかあてにならないのでツアーなんかでは全く使えないそうです。・・・日本じゃ考えられんな!


陽射しがきつかったけどお花と景色を堪能しました!

はい次~
スヴァネティ博物館です。


宗教や戦いの歴史など知ることができました。


テラスからの景色

はい次~
ホテルに戻りシャワーでさっぱりして夕食です。


お腹いっぱい!!一日よく遊びました!!

はい5日目~
今日はアッパースヴァネティ地方のウシュグリへ移動してハイキングです。
では出発!!

ウシュバ山がきれいに見えてます。
まずは「愛の塔」


結婚を反対された2人の男女がこの塔を建て愛を育んだとか。ふ~ん

中ははしごで4階建てです。

はい次~

こんな道をいきます。さすが秘境に行くにはそら時間かかるわ。

途中のWC休憩です・・・こんなとこに???なぜ???

旧ソ連時代の時の車です。まだ動くんやあんな車・・・

頼むから落ちんといてくれ・・・川は激流や・・・

どうにかこうにかウシュグリへ到着!
ここは標高2400mの世界遺産の村です。人が住んでる村で一番高いとこにある村だそう。

ワクワク感が止まりません!!!!!!

まずは今日のホテルに行き少し休憩~~

いい感じ~

テラスからの景色

ショレナさん(左)とマナナさん(右)も休憩~~

ではハイキングへ出発~

アニメのモデルもなった村の中を通ります。

牛の落し物がたくさん・・・どないかならんのか世界遺産やのに・・・

村を出ると視界が開けて斜面には花・花・花~


どこに目をやればいいやら・・・


遠くに見えるのはジョージア最高峰のシュハラ山(5068m)です。


花だらけでした!!

スヴァネティ地方は「コシュキ」と呼ばれる塔が目立ちますが、スバネティ全体で200基あると言われています。9世紀から13世紀の間に、争いの避難所として建てられ、現在は家畜の干し草や雑穀の倉庫として使われています。

はい次~
ホテルに戻り夕食までゆっくりしたり洗濯したり・・・洗濯??さすがや!

はい夕食~

今日もごちそうです。

星きれいやろな~・・・なんて話してましたがみなさんおつかれでバタンキュ~です。

はい6日目~
個人的にはもっといたかったウシュグリですがそうもいかず出発~
今日はシュハラ山展望と花ハイキングです。
では元気よく出発~

歩いてるのは現地のガイドさんと息子さんです。


前に見えるシュハラ山に向かって歩いて行きます。


馬??楽そうやな~


前にはシュハラ山、左右には花。天気良し!!


花畑のど真ん中で休憩~~


小さい村の教会に寄りました。
高台にあり村の人々にとってはとても大事な教会です。

んん~いい旅だ!!!

はい次~

メステイァに戻る途中スキー場のリフトに乗ってコーカサス山脈の展望を楽しみました。


景色はよかったですが人の多さにびっくり!

あるツアーで来てた日本人女性同士の会話。
「あら~こんにちは~どちらから~?」
「日本から~」
「わかっとるわ!!!!」と思わず横からつっこんでしまいそうになりました。

「よくもまぁこんなとこまでわざわざ日本から来たもんやなぁ」
「わたしらもやろ~」・・・・確かに!!!!

はい次~
メスティアのホテルへ戻り夕食です。


スヴァネティ地方最後の夜です。
遠かったけど来る価値は十分ありました!!!!!!

はい7日目~
今日は1日かけてトビリシまで戻ります。


メンバーの方から白ごはんをいただきました。
では今日は歩きませんので、はりきらんと出発~

相変わらずこんな景色や・・・

こんなとこを走ります。

WC休憩したとこの川です。清流と濁流の合流地点。
清流の上流の村は濁流の村に「心が濁ってるから川も濁るんだよ~」と皮肉を言うらしい・・・


落ちんとってや~
「ラフティングしたらおもしろそうやな~」・・・・死ぬわ!!!
はいでは出発~

ダム湖です。まだまだ山の中~


動いてないのに時間がたてば腹も減るもんだ。昼食です。

ショレナさんが持ってるのは「ナズキ」と言い、シナモン、干しぶどう、砂糖が入ってます。
想像通りの味です。
「コーヒー飲みたくなるな~」
「はいはいじゃあ入れますよ~~」

では出発~・・・しかし遠いな~


アッっという間ではないですが夕食です。


今日は一日移動でした。
ほんま遠いとこまで行ってたんですね~

はい8日目~
いよいよ旅も後半です。では行ってみよ~~
まずはお相撲さんの「栃の心」の出身地でもある古都ムツヘタの世界遺産を訪ねます。
最初に町から少し離れた丘の上にある「ジュワリ修道院」です。

この修道院の名前は、「十字架」を意味しているとのこと。

伝説によれば、この丘には異教の神殿跡があったのですが、聖ニノが大きな木製の十字架を建てたそうで、それが名前の由来になったそうです。


丘の上に建つこの場所からは、ムツヘタの町並みと周囲の景観を一望することも。

多くのグルジア正教の建築物の中でも、とくに聖なる場所として崇められていました。

はい次~
ムツヘタの町中にある「スヴェティツホヴェリ大聖堂」です。

トビリシのサメバ大聖堂に次いで、グルジアで2番目に大きな教会とのこと。
この大聖堂の名前は、「生きた柱」や「命を授ける」という意味があります。


また、要塞としても使用されていたため、石塀には銃眼が残っています。


どこでも売ってる冷蔵庫に貼るマグネットや、おもしろ雑貨もたくさん売ってました。

はい次~
湖畔に建つ「アナヌリ教会」です。

17世紀に要塞教会として建造されました。鐘楼からながめる湖の景色も絶景です。

一部残っているフレスコ画や外壁の浮彫り彫刻もすばらしいです。

はい次~
昼食の後はちみつを買いに行きました。

ジョージアは、健康長寿国として有名ですが、その長寿を支えていると言われているひとつにハチミツがあります。

はい次~
グルジア軍用道路(ジョージアの首都トビリシからロシア連邦の北オセチア共和国の首都ウラジカフカスまで続く南北全長約210kmの道)を走ります。


ロシアがグルジアとの友好200周年を記念して建設した、友好記念塔です。聖母子や民話・文化生活をモチーフにした絵が描かれています。

はい次~
ステパンツミンダの町に着きました。
ここから4駆に乗り換え「ゲルゲティサメバ教会」へ向かいます。

標高2170mにある教会です。緑に覆われた山の上の秘境の教会はジョージアのシンボルです。

教会への入り口はとても小さく、また窓も少ないため、内部は薄暗くなっています。10人も人間が入ったらいっぱいになってしまいそうなくらい小さな教会です。


コーカサス山脈のカズベキ山(5034m)が背景に迫ります。絶景なり!!!

教会からステパンツミンダの町が見えます。
今日から2日間この町で泊まります。

はい次~
カズベキ地方で一番人気のあるルームズホテルへチェックインです。

テラスからの絶景!!


少しわかりずらいですがカズベキ山と左少し下に建物が見えますが、これがさっき行ったゲルゲティサメバ教会です。

夕食はビュッフェです。

野菜がとても多いのがいいですねぇ

夕食の後はテラスでカズベキ山を眺めます。
「きれ~な~」「あとどのくらい行けるやろか~」「もう来られへんな~」・・・そんな寂しい事言わないの!!!

はい9日目~

朝のカズベキ山です。朝から気分いい!!!


朝もガッツリ!

今日もはりきって行ってみよ~
まずはジュタ村へ向かいます。


はいでは出発~!!

最初が少しきついですが・・・登りきるといい景色が!


チャウヘビ山(3842m)が見えます!!!


快適な道が続きます。


今日も花と展望いっぱいでした~

はい次~
今日は早めにホテルへ戻りまったりします。

木陰は涼しくハンモックに揺られて夢心地!こんな時間もいいですね~
「ちょっと~!揺らして~」・・・「はいはい」

はい次~

夕食もたくさん!ほんま野菜が多いのでなんぼでも食べれます。

はい10日目~
今日はハイキングの最終日です。
グダウリから歩きます。

道なき道を・・・花畑の中を・・・現地ガイド曰く「ノープロブレム!!!」

高原と花畑ハイキング!!景色もいいしいう事ねぇ~わ~!!

はい次~

トビリシまでもどりスーパーにきました!
ばらまき土産にワインに・・・

はい次~
夕食です。


さすがにみなさんおつかれのご様子で・・・

はい11日目~
いよいよ帰る日がきました~。寂しいやら嬉しいやら・・・僕的にはあと1ケ月ぐらいいてもいい感じです。
朝食後少し時間もあるので町をブラブラしましょ~


町の教会です。ちなみにたくさん教会見たのでどこがどんなんやったなどは・・・

外務省らしい。

はい次~
名残惜しいですが・・・


ショレナさんありがと~~!!

ほな帰ろか~

12日目~

無事帰国!!

12日間という長い旅でしたがみなさんのご協力とご理解のおかげで無事終える事ができました。
旅の途中には色々ありましたがみなさんの笑顔に感謝です!
たまに寂しい言葉も聞こえてきますが、まだまだ旅の途中、そして旅はまだまだ続きます!!!!
いつまでもみなさんと一緒に旅ができる事を切に願います。
ありがとうございました!!!!

現地(日本語)ガイド ニノさん ショレナさん
現地(植物)ガイド マナナさん
ガイド 兼任 添乗員 兼任 飛行機嫌い治った思たらそうでもなかった 馬場康法

「6/25(月)~7/6(金) コーカサス山脈の絶景とフラワーハイク ヨーロッパ最後の秘境 ジョージア」 に1件のコメント

  1. MITUKO TANAKA より:

    写真を見る限りでは、雄大な草原の多い、処でねえ!凄い国を企画されますね。知り合いが、参加されるのを、お聞き、していましたので、ブログを、待って、いました。私は、日にちの長いのと、四角いものと丸い物が都合悪いです。キャニオンを、楽しみにしています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です